看護師の多忙な勤務シフトについて

入院設備のない病院で働く看護師は、病院の営業時間が終われば看護師の勤務時間も終わりになります。看護師の仕事はかなり多忙ですが、そういった意味では生活のリズムをつかみやすいので、疲労を取りやすくなります。
しかし、入院設備がある大きな病院になると、事情は変わってきます。入院病棟には患者さんが入院しており、24時間体制で看護をする必要があります。一人の看護師が24時間連続で仕事をするわけには行かないので、勤務シフトを組んで看護に当たる必要があります。
看護師の仕事は、人の命を預かる非常に重要な任務を担っている上に慢性的な人材不足を抱えているため、非常に多忙な勤務です。その上に夜勤などがあるので、生活リズムが不規則になりがちです。勤務シフトには、夜勤を準夜勤と深夜勤の二つに分けた3交代制と、日勤と夜勤のみの2交代制が主流となっています。
3交代制は、勤務シフトが複雑で生活リズムが非常にばらばらになってしまいますが、疲れる夜勤の仕事が短くて済むため体への負担が少ないという特徴があります。一方の2交代制は、日勤と夜勤というシンプルな勤務シフトなので、生活リズムは3交代のシフトに比べればつかみやすいですが、仕事の忙しい夜勤が非常に長いため、疲労が取れにくいといった特徴があります。
職場を選ぶ時は、仕事内容や自分の年齢・体力などを考えて選ぶと良いでしょう。看護師の仕事は、過酷な上に多忙な仕事です。少しでも心身的な負担を減らすような勤務シフトの作成が求められています。やはり、シフトや勤務体制に余裕がある職場は、看護師の転職先として人気があります。

Leave a Reply