多忙と勤務シフトが看護師のストレスの原因

日勤のみの病院の看護師は、病院が休みだと仕事も休みですし、何より外来中心なので受け持つ患者さんがころころ変わるため、一人の患者さんの健康管理は必要ありません。休みや私生活の時間がきちんと決まっているので、計画なども立てやすくなります。一方、入院病棟もある大きな病院では、24時間患者さんに対応する必要があります。一人の看護師が24時間勤務することは不可能なので、複数の看護師で勤務シフトを割り振りして、そのシフトに基いて勤務することになります。こういった大規模病院の場合、入院患者さんへの対応もあるので、一人の患者さんに担当の看護師が付き、その患者さんの不安や治療に対するいろいろなことを改善していくことになります。一対一の付き合いが大きいので、人と触れ合うことが苦手だとなかなか難しい仕事です。また、病気や怪我の度合いも日勤のみの病院に来る患者さんより酷い場合が多く、そういった意味でも仕事の内容は非常に多忙になります。看護師の仕事は一つ一つが患者さんの様態に影響するので、まったく気が抜けません。そのため、心身的に非常にストレスのかかる仕事です。その上、さらに看護師の心身を苦しめているものが勤務シフトです。日勤と夜勤、もしくは日勤と準夜勤、深夜勤といった複雑な勤務シフトのため、ホルモンなどのバランスが崩れ心身が非常に疲れやすくなってしまいます。多忙な上に、勤務シフトの複雑化でストレスがたまりやすくなっている看護師の仕事を、どのように改善させていくのかが今後のナースの仕事の課題ともいえます。

Leave a Reply