多忙な看護師の上手なシフト活用法

入院病棟のある大規模な病院などで働く看護師たち。看護師たちは、勤務シフトに基いて作成された勤務表にしたがって、自分の勤務を確認しながら仕事しています。このような大きな病院では、お盆や年末年始なども患者さんが入院しているため、看護師たちはお盆や年末年始などの一般のサラリーマンが休んでいるときも、常に勤務が入っている状況です。そう考えると事実つらい仕事のように感じますが、ベテランの看護師たちはそんな勤務シフトを活用して上手に使いこなしているのです。
たとえば独身の看護師の場合、自分が切り盛りする家族が居ない分、年末年始やお盆などは家族が居るときよりも働けます。実は、こういった期間に勤務すると手当てを出してくれる病院も少なくありません。年末年始やお盆など、家族が居るナースがなかなか勤務できない日に敢えて勤務し、そういった手当てをゲットすることができます。家族が居るナースの場合は、子供の行事が心配な人が多いです。勤務表を作る際、勤務希望というものを提出するのですが、このときに子供の行事に休みが合うようなシフトにしてもらえば、敢えて仕事を休まなくても気兼ねなく学校行事に出ることができます。
一般のサラリーマンですと、平日に行われる子供の行事は会社を休まなくてはならないので、そういった意味では勤務シフトがある仕事は有効活用すると大変便利ということができます。また、家族で旅行に行きたいと思えば、旅行前の休みをなるべく減らして、旅行にあわせて休みを集中させるなどといったこともできます。勤務シフトがあることで、夜勤や夜勤明けの日も日中を私生活に使うことができるので、子供の宿題を見てあげたりする時間は通常のサラリーマンより多いようです。

Leave a Reply